薬剤師の求人は幅広い年齢で行われる

薬剤師11

薬剤師の資格を持つ方は、幅広く求められるものです。広範な薬学の知識と難しい国家資格を保持する薬剤師は、年代を問わずに募集されています。医局での処方箋を元にした薬の調合のイメージが強い薬剤師ですが、就業先は医療関係にとどまるものではありません。

ここでは、薬剤師が活躍する業界と、就業先を探す際のコツを紹介していきます。

薬剤師は年齢を問わずに幅広く需要がある

薬剤師の募集は年齢に関係なく行われるものです。

大学で6年間に亘って学んだ薬学に関する知識と、難しい国家資格に受かったことは、多くの業界で高い評価を得られるものでもあるのです。

医局での勤務イメージが強い薬剤師ですが、薬を調合する必要があるのは、病院などの医療関係機関だけではありません。学校などの行政機関、製薬会社での新薬開発、ドラッグストアなどの量販店での就業など、需要は多岐に亘っています。

薬剤師の求人の特徴に、短時間勤務や高齢者でも就業可能などがあります。専門性の高いスキルを持つ人材だからこその高待遇なのです。医局勤務の方の場合には、変則シフトや急患の対応など、自分の時間を削られてしまうことも珍しくありません。

長きに亘って薬に関わる仕事を行うのであれば、自分が考える方向性への転職を考えるのも良いでしょう。

行政機関や学校での就業

薬剤師の方が行政機関や学校などの教育機関で働くケースは多いものです。国の衛生研究所での研究補助や、公的機関での薬事監視員として働くことを目指す方も多いでしょう。国の行政機関で働く場合のメリットは、業務の安定性にあるでしょう。

公的業務に携わっていくため、収入の面や雇用の部分での安定性を得られるのです。学校などの教育機関で働く場合も同様に、仕事自体に安定性があります。教育の現場で働くことは、安定性と共に、生徒の成長を見守れる喜びもあるでしょう。

保健室にいる先生として、生徒に親しまれる存在になれるのです。年齢を意識することなく、長きに亘って働ける点も魅力です。

製薬会社や化粧品メーカーでの就業

製薬会社や化粧品メーカーでの就業を考える薬剤師の方も少なくありません。製薬関連や化粧品会社で働くことは、新製品の開発に携われる魅力があります。市場に出回る前の段階で、新しい製品に関わっていけるのは、薬学に関するスキルを向上させたい方には魅力的なものでしょう。

学会の論文など、薬に関する最新情報に触れることができ、自身のスキルを研鑽できる点も、大きなやりがいになるものです。求人は少なめな部分もありますが、専門の求人サイトを活用すれば、募集を見つけることができるでしょう。

化粧品業界では薬剤師の求人があるのか

ドラッグストアで働く方が増加

街の薬局とも言われるドラッグストアでも、薬剤師は広く募集されています。大手チェーンの場合には、店舗での勤務以外にも、流通センターでの検品業務などに携わるケースもあります。流通業界で働くことは、医局での就業とは違い、マーケティングを意識して働く形となります。

公的機関や医療機関での就業とは違い、市場の動きを予測しながら、自社の売り上げに貢献していくことに、大きなやりがいを抱ける方も多いものです。病院とは違い、流通業での就業の場合には、様々な方が来店してきます。

日用雑貨から食品に至るまで、幅広く取り扱う店舗では、日常的に様々な方が訪ねてくるからです。経営に関わるスタイルを求める方には、ドラッグストアでの就業を考えてみるのも良いものでしょう。高齢者の方であっても、薬剤に関するスキルや知識があれば、募集する店舗は多い状況でもあります。

高齢者向け施設でも高い需要がある

薬剤師の就業先に、介護関連施設が多くなって来ています。高齢化社会の到来により、老人ホームやデイサービスなどの介護施設で、薬剤師を求めるケースが増えているのです。高齢者向け施設での就業ですから、年齢を問わずに募集されるものです。

医局勤務とは違い、規則正しい勤務時間であることも魅力でしょう。家事やプライベートを大切にしたい方には、将来性があり、規則正しく働ける介護関連施設での就業も良いのです。多くの施設では、中高年の方の募集が行われています。

働く気があれば、年齢に関係なく就業できるのも、介護関連施設の魅力です。

短時間勤務が可能な点も薬剤師のメリット

薬剤師の就業先には、アルバイトやパートなど、短時間勤務が可能なところも数多くあります。介護や子育てなど、家庭の事情により、フルタイムでの就業が難しくなる方も、少なくはないでしょう。短時間勤務が可能な就業先であれば、事情を抱えている方であっても、問題なく働けます。

求人サイトの募集広告を見ると、多くの業種で短時間勤務の募集が行われています。年代を問わずに高収入での募集が行われている状況です。家庭の事情により、長時間勤務が難しい方の場合には、アルバイトでの就業を考えるのも良いでしょう。

多くの募集で薬剤師の方は高時給での採用が行われています。ブランクのある方が復帰する際には、フルタイムでは難しいものがあるでしょう。アルバイトやパートからであれば、無理なく職場復帰が可能です。

薬剤師の方が転職するには専門サイトの活用が大切

薬剤師の方が転職先を探す際には、医薬系の専門サイトを活用するのが良いでしょう。

薬に関する高い専門知識を保有する薬剤師の求人は、一般の求人サイトでは募集が少ないのも実状です。医薬系の求人を専門に扱う求人サイトであれば、製薬会社への就業や、行政機関の求人などの希少な募集を見かけることも可能です。

自分の専門性を高めたり、将来に向けたキャリアップを考えるのであれば、医薬系の専門サイトを活用した転職のほうが良いのです。サイトによっては、医薬系機関に独自のネットワークを保持しているケースもあります。日頃の勤務が忙しく、転職活動に時間を取れない方には、紹介制のある専門サイトを活用することも有効なのです。

医薬系専門サイトには、エージェントが専任しているケースもあります。転職活動が初めての方であっても、スムーズに希望の就業先を見つけられるように、丁寧にサポートを行ってくれるからです。履歴書の書き方や、面談の進め方など、細かな部分から指導してくれるのです。

薬剤師の仕事は年代を問わず求められる

薬剤師の仕事は、年齢を問わず求められるものです。薬に関する専門的な知識と国家資格を保持する薬剤師は、多くの業界で高待遇で募集されています。製薬会社や行政機関、ドラッグストアや介護施設など、様々な業種で薬剤師の求人は行われています。

フルタイムから短時間勤務に至るまで、高待遇での募集広告が掲載中です。転職にあたっては、専門の求人サイトを使うのが良いでしょう。